色落ちを防ぐ白髪染めメンテナンス

色落ちを防ぐ白髪染め方法

色落ちを防ぐ白髪染めメンテナンスとしては実はどのようなタイプの白髪染めをしたかにより異なります。
マニキュアやへナ、そしてトリートメントタイプの白髪染めは残念ながら色落ちを防ぐ白髪染めメンテナンスとしての効果的な方法はありません。
せいぜい、ケア剤を使用して極力色落ちを防ぐという事しかできません。
しかし、酸化染毛剤のように毛髪の内部にまで色を浸透させる白髪染めであれば、専用のトリートメントやケア剤を使用することにより、色落ちを防ぐ事が出来ます。
と言っても酸化染毛剤は強力な染料ですので、なかなか色落ちもしない事であると思います。
では、マニキュアやへナ、そしてトリートメントタイプの白髪染めは何故色落ちしてしまうのかと言いますと、毛髪の内部にまで色は浸透せず、表面をコーティングして発色しているからです。
その為シャンプーをするたびに色が落ちやすいと考えられます。
酸化染毛剤のように髪の内部にまで浸透しているのであれば色落ちはしにくいですが、表目にただ色を塗っているだけと言う事ですので、当然の結果と言う事になるのです。
その為、色落ちを防ぐ白髪染めメンテナンスというよりは、定期的に白髪染めを行わなければいけないというのが現状です。→ベルタ育毛剤の口コミって?女性の抜け毛・薄毛対策!【効果は?】

Copyright 2011「利尻昆布ヘアカラー口コミ」